魚の干物専門店 丸平商店 伊勢志摩の南伊勢町古和浦の魚の干物屋

干物の焼き方

干物は『冷凍』で保存し、冷凍の干物は解凍せずに凍ったまま焼く事をおすすめします。
焼きすぎると風味が損なわれるのでご注意下さい。
焼き方のポイント

中火ぐらいの火加減で、魚の身のほうから焼き始め、程よい焼き色がついたら裏返します。
火加減を弱くして皮のほうをじっくりと焼き上げます

オーブントースターで焼く方法

片付けが簡単で失敗も少ないトースターは干物を焼くのが苦手な方におススメです。
開き物などの大ぶりなものは頭としっぽを切り落として、トースターにアルミホイルを敷き温めておきます。
程よい焦げ目がついたらできあがりです

フライパンで焼く場合

クッキングシートを使うと煙も少なく、お手入れ簡単!

フライパンで焼く場合
●開き
温めたフライパンにクッキングシートを敷き、中火ぐらいの火加減で、皮の方を下にして干物をのせ、皮に焦げ目がついて、身が白くなったら裏返します。
身のほうに焼き色がついたら、できあがりです。

●みりん干し
焦げ付きやすいみりん干しはフライパンがおススメ温めたフライパンにクッキングシートを敷き、焦げやすいので、弱火の火加減で、皮の方を下にして干物をのせます。
皮に焦げ目がついてきたら裏返し、身のほうに焼き色がついたら、できあがりです。

●丸干し
温めたフライパンにクッキングシートを敷き、中火ぐらいの火加減で、干物をのせます。
片面にほどよい焼き色がついたら裏返し、もう片面にも焼き色がついたら、できあがりです。

生節の食べ方

しょうがしょうゆ、大根おろしポン酢、マヨネーズなどとも相性抜群。
味付き生節はしょうゆ味がついていますので、そのままでもお召し上がりいただけます。

↑ PAGE TOP